血糖値が高いとどんな症状が出る?

血糖値が高いとどんな症状が出る?

パン

血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が高い場合には、

以下みたいな症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が現われます。

 

・食事をすることによって眠くなってしまった
・頻尿(生理前になると起こりやすい場合もあるでしょう)になる
・膀胱炎(男性は女性に比べてかかりにくいのですが、もし、発病した時には女性よりも治りにくいといわれています)になりやすい
・甘い物が食べたくなる
・傷が治りにくい
・肌がガサガサになる
・歯周病(歯垢が主な原因になるため、プラークコントロールが大切だとよくいわれています)や虫歯になる
・目のかすみ
・顔面神経麻痺

 

血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)が高いと、食事を行う事で眠くなってしまうのです。

 

これまではそういうことがなかったのに、急に食後に眠くなるようになった場合は、高血糖(血液の中のブドウ糖、グルコースが多い状態です)の疑いがあると思って下さい。

それに、なんどもトイレに行くようになったり、尿が泡立つことも多いのです。

 

また、膀胱炎(男性は女性に比べてかかりにくいのですが、もし、発病した時には女性よりも治りにくいといわれています)にもなりやすいですから、注意してくださいね。

 

甘いものが食べたくなると言うのも、血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)が高い時の症状です。

 

傷が治りにくかったり、肌がガサガサになってきた場合も、高血糖(以前よりもすぐにのどが乾く、夜トイレに行く回?が増えた、疲れやすくなったなどの症状が出ることもあります)の疑いがありますね。

 

そして、歯周病(歯茎から血が出やすくなったり、歯茎が赤くなったり腫れているなどの症状があるようなら、早めに歯科医院に行ってください)や虫歯になりやすいですし、目がかすんだり、顔面神経麻痺を起こすこともあるので、気をつけなくてはいけないでしょう。

 

こういった症状を感じるようになった場合は、そのまま放置すると悪化する可能性がある為、早目に病院に行き検査を行った方がいいかもしれません

 

正しい高血糖値対策はこちら